きび酢の栄養

今は「体にいいもの」を採るということは、あたり前になっていて、お酢も色々な種類のものが溢れています。だから「どれでも一緒」なんて思っていませんか?
同じ「お酢」でも、奄美かけろまきび酢は、さとうきび100%の完全無添加で、日本で唯一の自然発酵・天然醸造酢です。

成分の特徴は、

  • 1.塩分が少ない
  • 2.ミネラル分が豊富
  • 3.ポリフェノールが豊富

ということが挙げられます。

きび酢写真

ライン

きび酢分析表

1塩分が少ない

一般的に、成人が摂取すべき1日のナトリウム(塩分)の量は10gといわれています。しかし、いくら気を付けていても、塩分過多になりすぎる傾向はありませんか?きび酢は他の食酢に比べると、断然に塩分が少ないのです。だから、後味もまろやか。他のお酢と飲み比べてみてください。違いがはっきりと分かると思います。

ライン

1ミネラル分が豊富

現代の日本の食文化は昔と比べると大きく変わりました。いまでは、カルシウムやカリウム、鉄分などのミネラル分が不足しがちだと言われています。きび酢にはそれらが多く含まれているお酢です。

ライン

1ポリフェノールが豊富

赤ワインにポリフェノールが豊富に含まれていることは、よくご存知かと思います。それがこのきび酢にも多く含まれているのです。夏の疲れた体や運動で使った筋肉を癒すためにも、きび酢を一杯いかがですか?

ライン

栄養成分表

きび酢の栄養成分表(100g中)
かけろまきび酢 エネルギー
(kcal)
たんぱく質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
ナトリウム
(mg)
21 0.1 0.1 1.8 4.1
カリウム
(mg)
カルシウム
(mg)
マグネシウム
(mg)

(mg)
酢酸
(g)
125 20.4 12.5 0.67 5.48
ライン

山梨大学工学博士 三村靖男教授 のお墨付き!

かけろまきび酢は、神秘のお酢として、学会でも注目を集めています。その魅力に惹き付けられた方の中の1人に、三村教授がいらっしゃいます。三村教授は発酵物に関する研究をなさっている方で、2000年にきび酢と出会われました。それ以来,年に何度か現地調査をされ、義永秀親瀬戸内長町を中心に、行政、JA、生産者、奄美自然食本舗、地元関係者等と「奄美かけろま長寿食文化研究会」を発足。奄美大島の食文化について幅広く研究されています。(大島新聞・南海日日新聞参照)
2003年には、きび酢の働きについて、三村教授より学会発表されました。→参考資料はこちら